×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脂肪摂取と肥満とメタボの関係

脂肪は、糖質(炭水化物)、たんぱく質と並び「三大栄養素」です。
脂肪は中性脂肪であることが一般的です(脂肪酸のグリセリンエステル)
カロリーは、糖質・タンパク質が4kcal/gに対して、脂肪のcal(カロリー)は9kcal/gと熱量が大きい。
脂肪の過剰摂取は様々な生活習慣病を生んでしまいます。
まずは肥満。
見た目にもよろしくありませんよね!
それだけではなく、メタボリックシンドロームをもたらして、動脈硬化症、心臓病、脳血管障害のリスクファクターとなります。
生活習慣病の温床となってしまうということです。
また最近問題なのが、腸内で二次胆汁酸が増加し、酸化ストレスによるDNA傷害や、
大腸がんなどのリスクファクターともなります。
高脂肪食による肥満などは、女性の乳がんの発症率にも影響します。
脂肪組織で作られるエストロゲン(女性ホルモン)が影響を与えています。
特に閉経後の女性は注意が必要になります。
ヨーロッパでは脂肪税なども導入されて、高脂肪食は課税の対象となっています。
それだけヨーロッパでは肥満の対策が急務だということでしょう。

【フランス】 炭酸飲料に課税する(ソーダ税)
【ルーマニア】「ジャンクフード税」
【ハンガリー】 砂糖や塩分の多い飲食物に課税(ポテトチップス税)
【デンマーク】 飽和脂肪酸1キログラムあたり16クローネを課税。
        これを日本では脂肪税と表現。(現在は廃案)

脂肪は少ないに越したことはありませんが、
食事で脂肪量を減らすと、減量や体脂肪率減少に効果テキメンですが、
肌が“カサカサ”になってしまうのが悩みどころです。

ですので・・・。

適度に脂肪を摂り、摂りすぎたものは外に追い出すということが理想形なのです。

脂肪燃焼に一番効果がある『ファストマジックスリミングジェル』
↓↓↓
ファストマジックスリミングジェル

余った電気を売る